読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

coltupのブログ

大好きな人と一緒に更新してゆきます

信じない

ほんとうのことを言えば、まだ乗り越えられてないのかもしれないって

そう思うときもあるんだ、めんどくさいやつでごめんね。

 

私の親しんだものとは、

まるで違うルールで動く空間に飲み込まれて、

操り人形のようになって、

泣いたらルール違反…なんてことばかり必死で考えてた自分は、

ほんとにおおばかものだ。

 

あなたが大きな声で、名前を呼んでくれて、

私を助け出してくれて、

やっと思い出せたんだよ。

私が従うべきルールは、

愛情が自然に指し示してくれることに従うっていう、

それだけだったんだって。

 

あのとき、名前を呼んでくれた声は、

痛いくらい、懸命で、

それは、私が強く強く、求めていたものだから

なおさらそう感じられたのかもしれないけど

 

手に取って分かるくらいの思いだった。

 

信じるって、祈るって、苦しいときには大切なことだと思う。

でもね、触れられるくらいはっきり分かっていることに対して、

信じるとは言わない。

 

信じて祈るのは、不安や疑いや恐れがあるから

強い気持ちで希望を持つためのもので

だから、あなたを信じる、とは言わないよ。

 

私も信じないで。

手に取って触れられるくらい、確かなものでありたい。